妊娠線クリーム体験談(2ヶ月目)使ってみた感想と猫背線を消す方法を紹介


実践記2か月アイキャッチ.jpg



「あぁ…このお腹の赤い線よ。消えてくれ!」




「猫背線、本当に見られたくない!」




猫背線があると、恥ずかしいですよね・・・。




すぐ消えるだろうと思っていたのに、何もしないとどんどんヤツ(猫背線)は赤くなっていきます。




そしていつの間にか、僕のお腹に棲みついた猫はこんなにも真っ赤になりました・・・。(24時間365日です)




nekoshashin1.jpg

あー、今見てもカッコ悪い・・w



何度追っ払おうとしても、僕のお腹の赤い猫は逃げて行かないんです!!(とふふ・・・)



スクリーンショット 2020-01-26 8.28.33.png

だって、あなたのお腹居心地最高だしニャ♪
(クッソー、そのスマした顔が憎たらしい!)





幸いにも、今はすっかり悩みから開放された僕なのですが、もちろんタチの悪い猫背線に悩まされ続けている読者様の気持ちは痛ーいほどよくわかります。(だからこそ、読者様には僕の無残なお腹もさらけ出してます・・・)





さて、今回は前回の記事(「妊娠線クリーム実践記(1ヶ月目)」使ってみた感想と方法論を紹介)に引き続き、



  • 妊娠線クリームを2か月間使用したらどうなるの?



という疑問について、実際に猫背線を解消した僕が本記事(妊娠線クリーム実践記2か月目)を通して紹介します。



具体的な本記事の内容は、

  • 妊娠線クリームを2か月間使用した結果
  • どのようにして妊娠線クリームを使ったか


このことについて紹介していきますね。


手っ取り早く、僕が実際に使ってみたクリームのことが知りたいのであればこちらをどうぞ。



 

「妊娠線クリーム実践記」2か月間使ってみた感想と方法論を紹介

実践記2か月1.jpg



では、さっそく結果の方からいきますね。




結果が、こちらになります。




Before(妊娠線クリーム使用期間一か月間)

nekozesen1month-1.jpg


nekozesen1month-2.jpg




After(妊娠線クリーム使用期間2か月間)
nekosesen2month-1.jpg

nekosesen2month-2.jpg

nekosesen2month-3.jpg




もうだいぶ良い状態になったのではないでしょうか。



あと一か月ぐらい続けたら、「あの20代前半の頃のきれいなお腹に戻れるのじゃない!?」ってレベルだと思います。(赤い猫から開放されるのもすぐそこです)



「妊娠線クリーム実践記(一か月目)」を見てもらえればわかるのですが、だいぶ薄くなってきていますよね。




その成功体験があったおかげで、「もっと塗り続ければ、こりゃ絶対にきれいになるわ!」ともう確信に変わったので、塗るのはそんなに苦ではありませんでした。




ぶっちゃけ、今思うと一か月目の効果が少し見えてくるまでが、一番しんどい時期でしたね。(それさえ乗り切れば読者様も絶対に大丈夫です)




何事もそうなのですが、成果が出るまでが一番つらいです。(だから、僕のお腹を見て勇気を出してください)




そして、効果が出始めたら、やればやるほど結果が出るということがわかっているので、




もうそこから塗るのが楽しみで仕方なく、正直、朝晩の塗るときが待ちきれないって感じでしたよ。




日に日に薄くなっていく自分のお腹を鏡越しで見るのは爽快でした。




読者様も、このフェーズに入ると日常生活がめちゃくちゃ楽しくなると思います。




「今度、友達誘って温泉行こうかな〜♪」




とか急に積極的な自分になれているのは驚きでした(笑)





実際に、妊娠線クリームを使われるのであれば、2ヶ月目はこれくらいを目安に考えれば良いと思います。




 

どうやって妊娠線クリームを使ったか

実践記2か月2.jpg


続いて、妊娠クリームをどのようにして使ったかについて紹介します。



ちょっと効果が出てきたので、「さらに良い塗り方がないのかな?」と思い、いろいろ調べては実践していきました。




その中で良かったなと思うことをお伝えしますね。



基本は一か月目に紹介した塗り方で猫背線は消えてくれるのですが、






さらに効果を引き出すために以下のポイントを意識して塗りました。


  • こすらずに一方向に優しく伸ばす
  • ついでに全身にも塗る


それぞれについて深堀していきます。
 

こすらずに一方向に優しく伸ばす



妊娠線クリームを塗る際は、ゴシゴシ塗らずに、一方向に伸ばすように優しく伸ばすようにしましょう。



実は僕は、初めの頃、早く消えてほしい(赤い猫を追っ払いたい!)がために猫背線に強く塗りつけていました・・・(汗)



でも、これは肌に良いはずありません。



かえって刺激になってしまって肌荒れ(赤い猫が調子に乗る)の原因になってしまいます。






スクリーンショット 2020-01-26 8.28.33.png
ヤツがますますニャーニャーと調子づくのでそっとしてあげましょう・・





また、強く塗ったからといって浸透しやすいっていわけでもありません。



一方向に優しく塗って(ヤツの頭を撫でて)あげましょうね。


 

ついでに首にも塗る




これは、完全についでです(笑)




僕は首にもシワが少しだけ入っていました。




首はお腹ほど目立たないので、ケアはいらないかもしれないですが、




シワを消すのに妊娠線クリームはとてもいいので、保湿ケアもかねて首にも塗っていました。





美容に熱心な女性でも、歳を重ねるといくらアンチエイジングしても首だけは隠せないって聞いたこともあります。




女性で猫背線に悩まれていて、美容にも気をつけている読者様は一石二鳥だと思います。




同じヒトの皮膚なのですから、お腹だけでなく他の部位にも妊娠線クリームは効果を発揮するのではと思いますよ。





もちろん、メインは猫背線なので妊娠線クリームはお腹にたっぷり使うようにしてくださいね。

 

 

姿勢にも気を付けるようにした

実践記2か月3.jpg


猫背線を妊娠線クリームで消しているのときに姿勢にも気をつけるようにしました。(もちろんできることはしましょう!)



僕は、ほとんどデスクワークだったので、ついつい猫背線の入りやすい姿勢になっていました。



なので、座り方や立ち方などにも気を付けていました。



その努力もあって、ちょっとだけ消えるスピードが速くなったなと感じましたね。(気のせいかもしれないですが(笑))




だんだんと猫背線が消えていくのが実感できたので、職場でトイレに行きがてら、鏡で自分のお腹がキレイになっているのを見てこっそりニヤニヤしていました。




でも、ある日、鏡の前でワイシャツを少したくし上げ鏡の前でお腹を出している姿を、突然トイレに入ってきた部長に目撃されてしまいました。




「何をやっとるのだ!仕事に戻れ!」





・・・と怒鳴られるのを覚悟しましたが、部長は一瞬目を丸くしたものの、お腹を出している僕の後ろを通り過ぎ、無言で用を足されました。





どうやら、かなりアブナイ奴だと思われたようです・・・。





多分、当時の自分を他人が見たら相当変人だったかもしれません(笑)


 

妊娠線クリーム実践記(2か月目)まとめ



今回は、「猫背線に妊娠線クリームを2か月間使用したらどうなるか。」について紹介しました。



猫背線があると、恥ずかしいし「そこだけは見ないでくれ!」ってなりますよね。



でも、妊娠線クリームを2か月間使い続けていたら、だいぶ状態は良くなっているし、塗ってて楽しくなってきます。



塗るときは強く塗らずに優しく一方向に塗ってくださいね。



ぜひ、参考にしてみてください。



最後までお読みいただきありがとうございました。



次は「妊娠線クリーム実践記(3か月目)使ってみた感想と方法論について紹介します。






自分でもびっくりする結果になったんです・・・・。




















この記事へのコメント