妊娠線クリーム体験談(1ヶ月目)使ってみた感想と猫背線を消す方法を紹介

実践記一か月アイキャッチ.jpg



「猫背線があってマジで見られると恥ずかしい!」



「本当にこの赤い腹どうにかしてくれ!」




猫背線を消したいですよね・・・。




僕も実際に猫背線に相当悩まされた男です。




周りの男友達はいとも簡単に裸になりますが、人前で上半身をどうしても見せれない悔しさは想像以上にきつかったですね・・・。




でも、今の僕は妊娠線クリームでお腹に深く刻まれた赤い線の悩みから開放されました。




今ではストレスなく海でも、風呂でも、大好きな彼女の前でも脱ぐことができます。




自分に自信のなかったあの頃の僕とは全く違います。




悩みが吹っ飛んだ途端に、何よりも恋愛に積極的になれた自分に驚きました(笑)




他人にとってはどうでもいいかもしれませんが、自分のコンプレックスを解消できれば、間違いなく恋愛も好転します。




読者様もぜひ精神的な悩みを克服して、満足のいく人生を送ってくださいね。




さて、そこで少しでも参考になればと思い、今回は僕の妊娠線クリーム実践記録をお伝えしたいと思います。




  • 猫背線に妊娠線クリームを1か月間使用したらどうなるの?




本記事を書いた僕は、実際に猫背線を妊娠線クリームで人生が良くなったので、「妊娠線クリームを1か月間使用したらどうなるのか」について紹介することができます。



具体的には、


  • 妊娠線クリームを1か月間使用してみた結果
  • どうやって妊娠線クリームを使用したのか


この読者様の疑問についてお答えしますね。



結論から先に知りたい方はこちらをまずは確認してみてくださいね。







「妊娠線クリーム実践記」1ヶ月間使ってみた感想と方法論を紹介


実践記一か月1.jpg


さっそくですが、1か月使用した結果がこちらになります。



お見苦しい写真を見せてすいません・・・。



でも、読者様にだけ公開しますね。



Before(妊娠線クリーム使用前)


nekoshashin1.jpg


nekoshashin2.jpg


nekoshasin3.jpg




After(妊娠線クリーム1ヶ月後)


nekozesen1month-1.jpg


nekozesen1month-2.jpg




すこしだけ薄くなってきているのがわかると思います。



まだ、全く自信をもって裸で歩けるレベルではないのですが。



それでも僕にとっては、希望の光となりました。



だって、あんなにも真っ赤っかだった僕のお腹が、気持ち赤みが取れたのですから!!



何も行動せずただ悩みまくっていた以前の僕に比べると、間違いなくこれは大きな前進です。



この頃は毎日「俺の猫よ、消えろ〜、消えろ〜」と心の中で唱えながら、猫背線の上にクリームを塗っていましたね(笑)



でも、実はぶっちゃけますが、1ヶ月間塗ってみて「もう2、3か月ぐらい続ければ何とかなりそうだな・・?」というイメージはありました。



これは読者様も実際やってみると分かるとは思いますが、なんだかお腹の皮膚?というか猫背線周りの肉がこれまでとは全然違う感触なんです。



「なんか分からないけど、俺のお腹しっとり、もっちりしてきたな・・・」



美容なんぞに普段全く興味ない僕でもそれが分かるくらいです。



きっと、肌の美容に詳しい女性なら、この感覚は共感できるんじゃないかな。



率直な感想は、やっぱり妊娠線クリームはそれ専用のクリームだけあって、さすがだなと思いました。



妊娠線に悩まれた女性は今まで数えきれないほどいたと思いますが、そんな多くの悩みに開発会社は向き合ってきたからこその商品なのでしょう(いや、わからんが)



実際に、妊娠線クリームを使われるのなら、写真のように1ヶ月目はこのぐらいを基準に考えてもらえばと思います。



ちなみに僕が実際に今も使っているクリームはこちらです。




妊娠線クリームどうやって使ったか


実践記一か月2.jpg



妊娠線クリームをどのように使ったのか紹介しますね。



具体的には以下のとおり。


  • 妊娠線クリームを塗る回数と塗るタイミング
  • 妊娠線クリームを塗る量


それぞれについて詳しく紹介しますね。



妊娠線クリームを塗る回数と塗るタイミング



妊娠線クリームは、朝起きたときと晩のお風呂上がりの2回塗りました。



男性には馴染みないかもですが、お肌のケアはお風呂上りがベストですね。



理由は、お風呂上りのお肌には保湿因子が抜けていて、乾燥しやすい状態になっているからです。(女性なら常識かもしれませんが)



しわを治すためにはしっかり保湿してあげて、お肌を健康な状態に保たなければいけません。



なので、お風呂上りに妊娠線クリームを塗るのは重要です。(これは間違いないと思います)



ポイントとしては、水気をとるためにしっかりタオルでふき取ってから塗っていきます。



そして、次が重要です。



朝にも妊娠線クリームを塗りました。



というのも、夜だけじゃ保湿が不十分だからですね。



やはり常にしっとり、もっちりが肌にとって良い状態なのだと分かりました。



このように、朝晩しっかりケアすることで一日中潤ったお肌を保つことができます。



妊娠線クリームを塗る量



妊娠線クリームを塗る量は、たっぷり塗りました。



つい薄く塗りたくなりますが、ケチってはいけません(笑)



これは実体験を通して断言できますが、毎日しっかり塗っていても、塗る量が少なくなれば効果は出てこないですね。



妊娠線クリームはシンプルに保湿力が高いので、お肌がすべすべになる効果も得られます。



たっぷり塗って損することはないので、しっかりとケアしましょう!


実は途中諦めかけました・・・。


実践記一か月3.jpg


暴露しますが、実は、途中諦めかけました。



というのも、初めのうちは「全然効果があるのかわからない!」と思ったからです。




疲れた日なんかは「これ、本当に意味あるの?」と思いながら、眠たくなりながらも毎日塗っていました。




「でも、何事も成果を得るためには、継続が必要だ。」




と自分に言い聞かせて、毎日塗りました。



でも、安心してください。



それを続けていると、次第に習慣化してきます。



そうなってくるともう大丈夫です。



塗る作業も苦にならなくなりますし、「なんか薄くなってきた?気のせい?」という段階に入ってきます。




そして、妊娠線クリームを使う前の猫背線の画像と見比べてみると、冒頭でお伝えした画像のような感じになっていったのです。




読者様も、実践するのであればきちんと効果を確かめるためにも1か月のスパンで写真を撮っておくことをオススメします。




確かめながらやっていけば、猫背線が消えていく実感が出てくるので挫折せずに済む可能性も高まります。




最初は効果があるのかわからないので、「成果が出ているのかわからないけど信じてただひたすら塗りまくる!」というのがコツですね。(挫けそうになったらこのブログを読み返してみてくださいね)



妊娠線クリーム実践記(1か月目)まとめ



今回は、「猫背線に1か月間使用したらどうなるのか」について紹介しました。



正直、読者様も最初の方は「これ効果あるの?」と不安になったりします。



ですが、続けていれば少しずつですが必ず効果は出てきます。


もちろん効果には個人差があると思いますので、あくまでも僕の意見としてとらえてくださいね。



塗り方は「朝晩にたっぷり」というところがポイントでしたね。



今回の記事で読者様の猫背線解消に少しでも役立てれば嬉しいです。



ぜひ、参考にしてくださいね。



最後まで、お読みいただきありがとうございました。




次は「妊娠線クリーム実践記(2ヶ月目)」使ってみた感想と方法論を紹介します。



















この記事へのコメント